アーティスト

小阪有花 Yuka Kosaka 保育コンサルタント

小阪有花

詳細はこちら

プロフィール

「ミスマガジン2004グランプリ」で芸能界デビュー。
バラエティやドラマなど様々なジャンルで活躍。
2009年引退後、保育コンサルタントとして活動、保育園の設立をはじめ多角的な幼児教育をすすめる。

現在、子どもたちを取り巻く環境を総合的にプロデュースするべく、チャイルドカウンセラーから、執筆など幅広い活動のかたわら、メディアを積極的に活用した幼児教育事業にも取り組んでいる。

“子どもってこんなこと考えてたんだ”と、気づいてもらえるように。

子どもたちと関わっていると、自分の気持ちがうまく伝えられず、もどかしそうにしている子って少なくないなと感じます。

作ったおもちゃを「すぐ片付けなさい!」と言われてがっかりしたり、言われた言葉に傷ついたけど、悲しみを怒ることや大泣きすることでしか表現できず、結果もっと怒られてしまったり・・・。そのような姿を見るたびに、私はもどかしい気持ちになっていました。

子どもたちが、自分の気持ちをもっとちゃんと表現出来れば、あんな悲しい顔しなくてすむのに。そう思っても、子どもたちは、まだ自分の感情を上手に表現する仕方が分からないのです。私は、保育園を通し、”子どもはこんな時はこう思っていますよ“とたくさんの保護者の方にアドバイスさせて頂いてきました。

そして、保護者の方と接する機会が増えていくにしたがって、もっとたくさんのお父さんお母さんにも、子どもの心の中を知ってほしいと強く願うようになりました。
私の目の届く子どもたちであれば、保護者の方とご一緒に手を携えていけますが、私が知らない子どもたちのお父さんお母さんには、この思いは届きません。そんな事を想いながら、いつしか、子どもが共感でき、大人の方も気づきと喜びを得られるような世の中を作りたいと願うようになりました。

“子どもたちの幸せは、お父さんお母さん皆が幸せ”、その想いで活動を続けています。

経歴

・メディア出演「日刊ゲンダイ」
・メディア出演「ニュースポストセブン」
・メディア出演「じっくりキイタロウ」
・「コクハク」にて、保育記事を執筆

WEB

・小阪有花オフィシャルサイト
 https://yuka-kosaka.com/

・コクハク
 https://kokuhaku.love/authors/articles_list/11


PAGE TOP